読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オムニヴォア

書くために読んだもの。読むために書いたもの。2016.10.2より。読書の記録を中心に、日々の潜考の記録。いつか自分の本を1冊でも出すのが夢です。オムニヴォア(Omnivore = 1.雑食(性)動物 2.知識欲旺盛な人)

世界の営みの中にあっての孤独が好き / 「火星年代記」 レイ・ブラッドベリ

 

火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)

火星年代記 (ハヤカワ文庫 NV 114)

 

 今熱心にプレイしている某ゲームの世界観の元ネタ的なお話でした。途中華氏451度みたいなエピソードやな、と思っていたら、ずばり同じ作者さんだったり(苦笑)。あまり古い本は読まない方なのですが、たまにはいいもんです。お話自体はこんな自分でもとても面白かったです。古い作品だからと勝手に王道的なものを想像していたら、とてもツイストが利いていました。色々なシーンが印象に残りましたが、最後の「ほらこれが火星人」だよ、がなんとも言えず感動です。読んで良かった。

火星年代記 まっささんの感想 - 読書メーター 

ブログではもうちょっと書きます:世界の営みの中にあっての孤独が好き、という感覚から、好きな人にあえて会わない、まで

今熱心にプレイしているゲームとは、それはもう「Fallout4」のことなのだけど、まあさておき。

最近は嫁の本棚から勝手に本を抜き取って読むことが多いです。愚痴は書きたくないので、んー微妙!と思った本は、ここには書かないけど、人の本棚から勝手に本を抜き取って読むという行為はなんだか楽しいし、お得です。(タダなので)

読んでいる時は「ああ、ウチの嫁はこんな嗜好なのか」と考えることは全くなく、普通に作品にのめり込むわけです。これがまだ付き合い始めの気になる人の本棚だったら、その人のことで頭いっぱいになるかもしれませんが、「うん、大体知ってる」という相手ですからね。

続きを読む

Fallout4の攻略ブログ始めました

f:id:massa-onion:20170402115258j:plain

falloutdiary.hatenadiary.com

 

他にもベゼスダゲーのサブブログを作った気もするけど気のせい、気のせい。

Fallout4、というか、オープンワールドのゲームと小説書いたりするの好きな人との相性はばつぐんだ!という文章はいつか書こうと思っているけど、まずはただただゲームのプレイ日記を。

ただのプレイ日記ではなくて、MODという有志が作ったパッチを入れて、大幅にゲーム性が変わったモードでリプレイしています。攻略記事を探していたけど、なかなか見つからなかったので自分で始めました。プレーヤーとしては並かそれ以下なので大した深いものにならないかもしれないけど、VR版の発売が決定しているなどまだまだ息切れしてないタイトルかと思いましたので、誰かの何かの足しになれば幸いなり。

【短編】黄緑色のパララックス / 小説投稿サイトにアップしてみました

先日書いた短編は、残念ながら賞にはかすりもしなかったようです。それはそれで仕方ない。このままEvernoteの中に眠らせておくのも忍びなかったので、小説投稿サイトにアップしてみました。

この手のサイトがどんなものなのか試してみたかったし。

kakuyomu.jp

f:id:massa-onion:20170318144024p:plain

盲目の少女に元にやってきた「特別なカメラ」。シャッターを切った瞬間だけ、彼女はその写真を「見る」ことができる。ある日、その秘密を唯一シェアしている盲学校のクラスメートの少年からある物を撮りたい、とお願い事をされるのだが…。そして奇跡を授かってなお少女が決して撮らなかった写真とは何だったのだろう。

これはとても短い小説です。重い描写もありません。気楽にお読み下さい。

 

よければ読んで感想お寄せ下さい。読むのが早い人だと30分もかからない短編です。

今日は仕事も休み。これから本屋さんの棚を物色して回ります~。

 

ではでは。

「次」に向かって、第一歩 / ガリガリ書いていた小説の初稿がようやくフィニッシュ

 久方ぶりの更新。ガリガリ書いていた小説の初稿がようやくフィニッシュ。ちょうど1週間前に書き終えて、「ちょっともう書くのはお腹いっぱい」という状態が続き、やっと今回の執筆を振り返る記事をこちらに書いておこうという気持ちになれたのでした。

 書き上げた、といっても、途中どうしても筆が進まなくなって「ここは何々の描写」とト書きのようなものを仮挿入したシーンもあった。メタな部分は書き進められるのだけど、とある舞台に選んだ建造物について想像だけではどうしても納得のいく描写ができずそこを保留にしたり、これまたとあるカルチャー教室でのシーンで「ひとまず書いたけど、なんか浅い感」も放置したままにしてあったり。これからの数ヶ月?はこの保留や納得いっていない部分を穴埋めするべく「取材」に重きを置こうという計画だ。「取材」については、このブログを使ってログを書き溜めてもいいかもしれない、とか。

続きを読む

2017年は、僕の最後の30代が始まる年 / そろそろ自分を「固定」するべき時が来ていると、極々自然に思い始めています

 さて、新年明けました。去年の秋から始めたこのブログ、時々定期的に除きに来てくれる人もぼちぼちいらっしゃってるようで、本当にありがとうございます。ことよろです。ことよろです。

  ぱたっと更新頻度が落ちてしまっているのは、いまガリガリ小説を書いているから。昨年読んだ本に、小説を書いている時は、それになるべく集中した方が良い、ということが書いてありました。別の何かを書けば、どうしてもそっちにもネタの引き出しを消費してしまう、でもそれは本来、今書いている小説の方に使われるべきものなのよ、と。

続きを読む