オムニヴォア

書くために読んだもの。読むために書いたもの。2016.10.2より。読書の記録を中心に、日々の潜考の記録。いつか自分の本を1冊でも出すのが夢です。オムニヴォア(Omnivore = 1.雑食(性)動物 2.知識欲旺盛な人)

出された椅子に腰掛けようとすると、さっと後ろに引かれて尻もちをつかされる それが心地良いかどうか / 「死神の浮力」 伊坂幸太郎

 

死神の浮力 (文春文庫)

死神の浮力 (文春文庫)

 

 ぐいぐい引き込まれますね。ページを進める手は、後半にいけばいくほど早まります。しかし、登場人物に感情移入しようとすると、それを死神のドライっぷりに引き剥がされて、なんだか自分をどこにも置いておけない不思議な感覚で着地することになりました。面白いと言えば面白いし、この小説でなければ感じられない何かは確かにあるのですが、次はもう少し素直に感動できる小説なり何なりを読みたくなったのも事実です。凝ったフランス料理を食べた後に、お茶漬け食べたくなるような読後感でした。

 死神の浮力 (文春文庫) まっささんの感想 - 読書メーター

もうちょっと深掘る:未知のパターンに出会えて楽しいと感じるか、落ち着かなくて疲れると感じるか。どこで分岐しているのだろう。

 とにかく揺らしてくる小説だ。亡くした娘のために復讐する、というありがちな設定を、千葉という特異なキャラクターで揺さぶってくる。終始一貫してそのスタイルが続く。失った娘に涙する夫婦に感情移入をしようと思った矢先、天然的発言で涙腺を散らす。上げてから落とす、というわけでもないが、ともあれ出された椅子に腰掛けようとすると、さっと後ろに引かれて尻もちをつかされる。それが心地良いか、そういうものを求めているかで、ずいぶん印象が変わってしまいそう。

続きを読む

もうすぐ出るFF15も絶望的なまでにやる気が出ない僕はインディーゲームに走った そうそうそう、これこれこれ、こういうの! / HER STORY

 奥さんからよく言われる。

「まっささんは買い物上手っていうか、いつも自分の欲しいものがパッキリわかってて羨ましいわ~」

僕と奥さんの買い物の仕方は対照的で、僕はお店に入ると一直線に欲しいものに向かって行って目当てのものをささっと買うし、彼女はそれが欲しいってわかっていてもとりあえず類似品を手に取ってみたり、うだうだ悩んで悩んで、挙句買わない、なんてこともある人だ。服を選んでいても、僕はざーっと見てこれだ!ってなって悩むことはないけど、奥さんはショッピングモール中の店を回って、やはり挙句買わない、まである人だ。男と女の典型的な違いとも言える。

 さて、ということで、そうそうそうそう、こういうのだよ、こういうのだよ、と迷わずぽちったインディーゲームがこちら。

playism.jp

紹介動画は下記URLからどうぞ。(Sterm) ※記事に埋め込めないので直接ページに飛んでください。

Her Story on Steam

続きを読む

108円でセール中! / ゲームの今 ゲーム業界を見渡す18のキーワード

www.4gamer.net

まとまった記事を上げる余裕がないので、今日はぷちっと情報シェア。

 

ゲームの今 ゲーム業界を見通す18のキーワード

ゲームの今 ゲーム業界を見通す18のキーワード

 

 こちらの本が、Kindle版が108円のセール中です。元は2,400円の書籍なのですごくお得。サンプル版読んでピンときたらポチッちゃえ! たぶん期間限定のセールかと思います。

 

bookmeter.com

こちらは読書メーカーのレビューです。

スマホゲーからVRまでカバーしていて、あくまで分析が主旨となります。批評やコラムではなくバイアスがかかっていないテキストを読みたければ、非常におすすめです。僕はサンプルかなにかで第1部だけ読んでます。読み物としての色気はないけど、取材をしたい、データを参考にしたい、まずはゲームを読み解く素地を固めたい、というような目的にはドンピシャです。

 

ちなみに今、空き時間を見つけたは↓を書いています。2、3日中にはアップできるかなー。

いまやれたことが、やれること。書けたものが、書けるものだということだ / 文体との向き合い方について考えた

 自らの文体について、少し整理がついた気がするので書いておく。

 ここ数日、このオムニヴォアではなく、「一冊本を出すことを目指す用」の方の文章を書いていた。具体的には小説の頭の部分を2つ書いた。これなら書けそう、というプロットが2つあったので両方冒頭だけ書いてみた。

僕には文体が大きく分けて2つある。

1つは演劇の台本を書いている時に生まれた文体。

もう1つは物語以外のものを書く文体。ようはこのブログでの文体。

細かいことを気にしだすと、例えばレビューサイトに書く時、ブログにコメントを付ける時、嫁にLINEを送る時、それぞれ違う文体だけど、それらは横に置いておく。

ともあれ、ここ何日かで2つのプロットを2つの文体で書いてみた。そこで自分の内面を覗き込んでいる内に、1つ発見があったように思えた。

続きを読む

そこまで危機感を全開で煽ってくる本ではない。経済学者の本ではなく、夢見る1人のお父さんの本だ /  親なら知っておきたい 学歴の経済学 :西川純 【その2】

その1はこちら 

massa-onion.hatenadiary.jp

 

 しかし世の中はついにその辺の本屋で買える本に、だったら職業訓練をしっかり受けられる高校に入って、卒業後すぐに就職するほうが賢明だ、と書かれているようになってしまったのだ。

まだ僕が現役の高校生だった頃は、○○工業高校といったところに通う人間は、進学校に行けない子が通うというイメージが根強かった。今や、ふわっとした職業色の薄い学部しかない大学への進学が大っぴらに疑問視されている。時代はたしかに変わった。「親なら知っておきたい 学歴の経済学」では、東大、京大に行けないなら、大企業にコネがある高校に入って卒業後すぐに就職した方が良いとまで言い切っている。