オムニヴォア

書くために読んだもの。読むために書いたもの。2016.10.2より。読書の記録を中心に、日々の潜考の記録。いつか自分の本を1冊でも出すのが夢です。オムニヴォア(Omnivore = 1.雑食(性)動物 2.知識欲旺盛な人)

その生き様くらいは真似させて欲しい / 「夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011」 村上春樹

 

 村上春樹の長編を全て読んでからの本でしょうか。読んだ当時では釈然としなかったことに、軽い答え合わせができるかもしれません。何か一冊くらい読み直そうか、それとも読んでないあの作品にしようか。それにしても、もう還暦越えてるんですね。自分も歳を取るわけだ…。30年書き続けてきて、というフレーズに目眩がしました。そんなに時が経っているわけがない。

夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです 村上春樹インタビュー集1997-2011 (文春文庫) まっささんの感想 - 読書メーター

もうちょっと深掘る:現在"俺の村上春樹さんフェア"の真っ最中なのである。

 発端は、奥さんから楽天のお買い物マラソンのために、何でもいいから1つの店舗で1,000円以上の買い物をして欲しいとお願いされたのが始まりである。「本でもいいの?」と聞いたらOKということだったので、よしここは、と本書と「職業としての小説家」を抱き合わせて購入した。村上春樹の小説を書くとはなんぞや、小説家とはなんぞや、というテーマ2本立てである。

続きを読む

購入初日の感想は「ICOにワンダのギミックをくっつけた感じ」 スクショ多数・動画2本 / 人喰いの大鷲トリコ

僕「いやー、ニュースサイト見てたら、トリコの発売が明後日なんですよー」

同僚♀「へー。あれまだゲームになってなかったんだー」

僕「?」

同僚♀「もうかなり長くやってない? ジャンプで」

僕「あー、いただきます、の方じゃなくって」

 ということで、発売日の昨日とこれを書いている今日がたまたま仕事休みだったんで、買ってきてしまいました。「人喰いの大鷲トリコ」です。

※ジャンプの方のトリコは連載終了しています。

続きを読む

限られた時間を有効に使って品質を上げていこうとするならば、PDCAのサイクルを短縮してしまえば良い

 

f:id:massa-onion:20161204222519p:plain

Twitterにも流したけど、先日、6歳の息子がノートにこれを書いているのを発見。一体彼に何があったのだろうか…(今日の記事には何も関係ありません)

 

 暫定的ではあるけど、今のところイメージしている「一冊本を出す」までの道筋は、賞に出して何かしら出版社の目に止まる、というルートではある。もう1本のルートとしては、Kindle direct Publishing(KDP)を用いてこれまた「何かしら」のきっかけを掴む、というものだけど、とにもかくにも、そこに出すための1本を書かなければいけない。

続きを読む

出された椅子に腰掛けようとすると、さっと後ろに引かれて尻もちをつかされる それが心地良いかどうか / 「死神の浮力」 伊坂幸太郎

 

死神の浮力 (文春文庫)

死神の浮力 (文春文庫)

 

 ぐいぐい引き込まれますね。ページを進める手は、後半にいけばいくほど早まります。しかし、登場人物に感情移入しようとすると、それを死神のドライっぷりに引き剥がされて、なんだか自分をどこにも置いておけない不思議な感覚で着地することになりました。面白いと言えば面白いし、この小説でなければ感じられない何かは確かにあるのですが、次はもう少し素直に感動できる小説なり何なりを読みたくなったのも事実です。凝ったフランス料理を食べた後に、お茶漬け食べたくなるような読後感でした。

 死神の浮力 (文春文庫) まっささんの感想 - 読書メーター

もうちょっと深掘る:未知のパターンに出会えて楽しいと感じるか、落ち着かなくて疲れると感じるか。どこで分岐しているのだろう。

 とにかく揺らしてくる小説だ。亡くした娘のために復讐する、というありがちな設定を、千葉という特異なキャラクターで揺さぶってくる。終始一貫してそのスタイルが続く。失った娘に涙する夫婦に感情移入をしようと思った矢先、天然的発言で涙腺を散らす。上げてから落とす、というわけでもないが、ともあれ出された椅子に腰掛けようとすると、さっと後ろに引かれて尻もちをつかされる。それが心地良いか、そういうものを求めているかで、ずいぶん印象が変わってしまいそう。

続きを読む

もうすぐ出るFF15も絶望的なまでにやる気が出ない僕はインディーゲームに走った そうそうそう、これこれこれ、こういうの! / HER STORY

 奥さんからよく言われる。

「まっささんは買い物上手っていうか、いつも自分の欲しいものがパッキリわかってて羨ましいわ~」

僕と奥さんの買い物の仕方は対照的で、僕はお店に入ると一直線に欲しいものに向かって行って目当てのものをささっと買うし、彼女はそれが欲しいってわかっていてもとりあえず類似品を手に取ってみたり、うだうだ悩んで悩んで、挙句買わない、なんてこともある人だ。服を選んでいても、僕はざーっと見てこれだ!ってなって悩むことはないけど、奥さんはショッピングモール中の店を回って、やはり挙句買わない、まである人だ。男と女の典型的な違いとも言える。

 さて、ということで、そうそうそうそう、こういうのだよ、こういうのだよ、と迷わずぽちったインディーゲームがこちら。

playism.jp

紹介動画は下記URLからどうぞ。(Sterm) ※記事に埋め込めないので直接ページに飛んでください。

Her Story on Steam

続きを読む