いまやれたことが、やれること。書けたものが、書けるものだということだ / 文体との向き合い方について考えた

自らの文体について、少し整理がついた気がするので書いておく。 ここ数日、このオムニヴォアではなく、「一冊本を出すことを目指す用」の方の文章を書いていた。具体的には小説の頭の部分を2つ書いた。これなら書けそう、というプロットが2つあったので両方冒頭だけ書いてみた。 僕には文体が大きく分けて2つある。 1つは…