限られた時間を有効に使って品質を上げていこうとするならば、PDCAのサイクルを短縮してしまえば良い

Twitterにも流したけど、先日、6歳の息子がノートにこれを書いているのを発見。一体彼に何があったのだろうか…(今日の記事には何も関係ありません) 暫定的ではあるけど、今のところイメージしている「一冊本を出す」までの道筋は、賞に出して何かしら出版社の目に止まる、というルートではある。もう1本のルートとしては、…