読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オムニヴォア

書くために読んだもの。読むために書いたもの。2016.10.2より。読書の記録を中心に、日々の潜考の記録。いつか自分の本を1冊でも出すのが夢です。オムニヴォア(Omnivore = 1.雑食(性)動物 2.知識欲旺盛な人)

購入初日の感想は「ICOにワンダのギミックをくっつけた感じ」 スクショ多数・動画2本 / 人喰いの大鷲トリコ

ゲーム 作品への感想

僕「いやー、ニュースサイト見てたら、トリコの発売が明後日なんですよー」

同僚♀「へー。あれまだゲームになってなかったんだー」

僕「?」

同僚♀「もうかなり長くやってない? ジャンプで」

僕「あー、いただきます、の方じゃなくって」

 ということで、発売日の昨日とこれを書いている今日がたまたま仕事休みだったんで、買ってきてしまいました。「人喰いの大鷲トリコ」です。

※ジャンプの方のトリコは連載終了しています。

 「ICO」に「ワンダ」のギミックをくっつけた感じ。

 まだ最序盤しかやってないけど、ヒトコトでまとめてしまうとこんな感じだ。よくわからない遺跡風の建造物で目が覚めて、村に帰るために謎解きしながら、前へ前へだ。相方は謎めいた薄白い少女ではなく、ワンコのようにおすわりする、翼が折れて飛べない大鷲トリコ。トリコには「ワンダと巨像」の巨像のように、その体にしがみついて頭までよじ登ることもできる。よじ登る感覚が懐かしくて鼻血出そうになるよ。

購入検討用に動画作った。【人喰いの大鷲トリコ 最序盤で示されるギミック集+OPムービー 】

www.youtube.com

 「ICO」に「ワンダ」のギミックをくっつけた感じ、というのがおわかりいただけただろうか。しかし、当然のように「ICO」知ってるという前提で雑に書いているけど「ICO」は2001年発売、つまり15年前だ。うわぁ…、これはもう鼻血出ちゃうね。なんだか高校生くらいにやったような印象だったけど、しっかり成人してからプレイしてたんだな(現在38歳)。

今回の相方も、絶妙なゲーム的不便さをまとっている。「ICO」は少女の方は、言葉も通じず、戦闘もできず、高いところを昇り降りできなかったり、「ワンダと巨像」ではそもそも相方らしいのは非戦闘要員の馬だけだったり。今回のトリコは、尻尾から電撃出したり、キック一発で少年を気絶させる脚力があったりと、少女と馬に比べれば、ゲーム的な戦力値には期待できるが、その巨体故に狭い場所は通れないという足引っ張り要素も同時に保有。あと、お前の頭を伝ってあの高い場所に行きたいのだが、と思っても、「呼ぶ」しかコマンドがないから、その狙った場所で狙った行動を取ってくれず、あくびして寝ちゃったりする。

あーもー! となるわけだが、そのままならなさが、ただのCGから"生身の存在"と一緒にいる感覚に繋がるわけでもあり。「ICO」と「ワンダの巨像」を経て、ファンとして絶対の信頼を置いているので、いまさら驚いたり感動したりはしないけど、今回もキャラクターに"命"を感じる。

いま並行してプレイしている「スカイリム」では、街を歩く一人一人は、疑いようもなくゲーム内のキャラクターなんだけど、マクロにどこまで広く多層的に存在する設定やオブジェクトが、ゲームの枠を越えた"もう1つの世界"のフレーバーを醸し出す。「人喰いの大鷲トリコ」は、ミクロに緻密に作り込まれた限定的なオブジェクトを目の前にどーんと置いて触らせることで"もう1つの世界"のリアリティを増幅させる。両者は構築のベクトルがきれいに対照的で面白い。

ミクロに緻密に作り込まれている、とはこういうことだ!【人喰いの大鷲トリコ 樽を食べられない仕草がかわいすぎw 】

www.youtube.com

 こちらは偶然撮れたシーンを思わず切り出して投稿した。樽をくわえようとして失敗し、少し考えてから足で手前に引きつけようとしてやっぱり失敗。ふと見たらトリコがこんなことやっていて、もうこれがかわいらしくて、かわいらしくて。一瞬トリコが考える間とか完璧だ。こんなところを作り込んでいるから、前作から7年も経ってしまったんじゃないのか!?w

いちいち絵になるスクショをまとめてペタペタ 

f:id:massa-onion:20161207134039j:plain

f:id:massa-onion:20161207134101j:plain

f:id:massa-onion:20161207134123j:plain

f:id:massa-onion:20161207134139j:plain

f:id:massa-onion:20161207134203j:plain

初回限定版の早期購入特典もいちいち美しい

f:id:massa-onion:20161207134343j:plain

 

f:id:massa-onion:20161207134404j:plain

ミニサウンドトラックには4曲収録。初回起動時のアップデート中に聴きました

f:id:massa-onion:20161207134528j:plain

カスタムテーマ

f:id:massa-onion:20161207134611j:plain

スペシャルボックス。手の込んだハードカバー本の装丁のようですね

f:id:massa-onion:20161207134911j:plain

f:id:massa-onion:20161207134942j:plain

BRUTUS編集部とコラボしたブックレット。ゲームデザイナーの上田文人さんの仕事で使うアイテムについてのこだわりと愛が語られています

 

今回は以上です。クリアしたらまた記事書くと思います。

FF15が終わったら、トリコもやってみー。

ではではー。